薄毛対策に良い食べ物

大豆類

薄毛対策に良い食べ物として、納豆などの大豆類が挙げられます。

 

大豆にはイソフラボンと呼ばれる成分が配合されており、イソフラボンは女性ホルモンとよく似た働きがあります。

 

抜け毛の原因の一つに男性ホルモンの過剰分泌があり、納豆などの大豆類を食べるとイソフラボンの働きで男性ホルモンの過剰分泌が原因の抜け毛が改善されます。

大豆類にはビオチンという成分も配合されており、ビオチンは毛細血管を太くして血行を良くする働きがあります。

 

大豆を摂取するとビオチンの働きで血行が良くなり、抜け毛の防止につながります。

血行を良くする食べ物

薄毛対策をするには、血行を良くすることが大事なポイントになります。

 

血行を良くする食べ物に唐辛子があり、キムチなどの唐辛子を使った食べ物を食べることは薄毛の改善につながります。

唐辛子にはカプサイシンという成分が配合されており、カプサイシンは新陳代謝を高めて血行を良くする働きがあります。

 

唐辛子を食べると体がポカポカに温かくなりますが、これは唐辛子に含まれているカプサイシンの作用によるものです。

唐辛子に含まれているカプサイシンはイソフラボンとの相性がとても良く、唐辛子を使ったキムチなどの料理と納豆を一緒に食べると血の巡りが良くなります。

 

血行が促進されると抜け毛予防につながり、毛が生えやすい体質に変わります。

薄毛対策として頭皮環境を整える食べ物

薄毛対策をするには、頭皮環境を良くすることが大事になってきます。

ビタミンB

頭皮環境を整えるためには、頭皮の新陳代謝を促進させることが必要になり、ビタミンB2などのビタミンB群は頭皮環境を改善するのに役立ちます。

ビタミンB群はほうれん草やブロッコリー、カボチャなどの緑黄色野菜に豊富に含まれており、緑黄色野菜は薄毛対策に役立つ食べ物であると言えます。

 

緑黄色野菜を食べると含有しているビタミンB群の働きで頭皮環境が整い、毛が生えやすい頭皮になります。

ビタミンA

緑黄色野菜にはビタミンAも豊富に含まれており、ビタミンAは頭皮の健康を守ることに貢献します。

 

ほうれん草やカボチャなどの緑黄色野菜を食べるとビタミンAの働きで頭皮の健康状態が改善して、抜け毛を食い止めます。

薄毛対策としてタンパク質も

アーモンドやピーナッツなどのナッツ類も薄毛対策になる食べ物で、ナッツ類を食べるとビタミンEの働きで毛細血管が拡張して血の巡りが良くなります。

 

血行が良くなることで毛が生えやすくなり、髪の毛が薄い症状が改善されます。

ナッツ類には植物性タンパク質が豊富に含まれており、タンパク質は髪の健やかな成長を支えます。

 

ナッツ類を食べると頭皮と髪の栄養状態が良くなり、ぱさついた髪に潤いと艶が蘇り、美しい髪になる効果が期待できます。

薄毛対策に良い食べ物まとめ

いかがだったでしょうか。

 

こうしてみてみると、薄毛対策のために様々な食べ物がありますね。

 

食事は体を造る基本ですので、何を食べるかというのは本当に大事です。

 

髪の毛の栄養だけでなく体の健康を考えてバランスの良い食事を心がけることが良いのは間違いありませんね。

 

ですので食事の面を意識しながら、そして外側のからの薄毛対策として育毛剤でサポートしていくというのが内側と外側の両方からのアプローチとして良いのかもしれませんね。

 

>つむじが薄い時に使いたい育毛剤ランキングはこちら

 

 

薄毛コラム】の関連記事
  • 薄毛対策に良い食べ物とは?
  • つむじ周辺の抜け毛が気になる?その原因と対策は
  • つむじが薄毛になったらどんな髪型にするのがいい?
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。
薄毛コラム
薄毛対策に良い食べ物 大豆類 薄毛対策に良い食べ物として、納豆などの大豆類が挙げられます。 大豆にはイソフラボンと呼ばれる...